BGMやSEなどを管理するSoundManagerクラスを実装してみました。
基本はUnityのチュートリアルにあったSoundManagerクラスですが、サウンド再生のパラメーターをEnumに変更してみました。まだ最低限の実装なので、そのうちポーズ機能やボリューム変更機能などを拡張していきたいです。

2016/04/17 
下記の記事で実装したSingletonMonoBehaviour クラスを使用するように変更しました。
[Unity]シングルトンのジェネリッククラスを実装する 

SoundManagerクラス

下記のように実装しました。
スクリプト内部にある「BgmTypes」と「SeTypes」のEnumにはAudioClipリストのインデックスに合わせて意味のある名前を設定します。(BgmBattleやSeButtonOkなど。)

SoundManagerクラスの使い方

1.空のGameObjectを作成し、SoundManagerスクリプトを追加する。

2.BGMやSEを再生したいクラスで下記のように呼び出す。


とりあえず当面はこのクラスを使ってみて、使いづらい箇所を修正したり足りない機能を追加していこうと思います。

参考サイト

Audio and Sound Manager
https://unity3d.com/jp/learn/tutorials/projects/2d-roguelike/audio?playlist=17150

開発環境

MacOS X El Capitan
Unity 5.3.4f1